ねっけつ! じっけつ!! はもにか道

blow it untill the BLUES away!

『Piggy In A Box』の問題

f:id:cotaro-cacima:20170131150227j:plain

 

 ハーモニカとの親和性が高いギターアンプに『Pignose』があります。5wの電池駆動ミニアンプ。この回路部分だけをストンプボックスにしたのが画像の『Piggy In A Box』。

 

 中身はオリジナルのピグノーズと全く同じとのこと。ならば、これをプリアンプ(ブースター?)として使えばローインピーダンスのマイクでアンプリファイアド・サウンドが作れるかも……と、ネットオークションで落として1年近く放置。最近思い出して繋いでみました。

 

マイク:AUDIX FireBall V

アンプ:Roland MICRO CUBE GX(JC CLEAN(ジャズコーラスのアンプシミュ)、ボリュームゲイン共に12時、マスター9時)

 

www.youtube.com

 

 まずまずの音ではないでしょうか。入れる前にはカメラの後ろからの生音の方が大きいくらいなのに、ポチッとすると、しっかりオーバードライブ。さらに本機独自の機能として、トレードマークの豚鼻ノブを引っ張り上げる事により、さらに歪みパワーアップ。

 

 ギター用のブースターやオーバードライブ、ディストーションなどのエフェクターを使っている方もいるようですが、YouTubeでそれらの動画を見る限り、歪ませすぎて原音を潰しすぎてしまっていたり、音痩せがひどかったり、ハウリング対策が難しそうだったり。ちょっと真似したくなるような音はありませんでしたが、それらに比べたら使えなくもないかねぇ。

 

追記:上のようなエフェクター的な使い方の他に、プリアンプそのものとしても使用可。こいつの『SPEAKER』端子からギターアンプのリターン端子に繋ぐと大出力ピグノーズ爆誕? いっぺんスタジオ入って試してみないとな。