読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねっけつ! じっけつ!! はもにか道

blow it untill the BLUES away!

「I got a black cat bone」の問題

f:id:cotaro-cacima:20170219164601j:plain

 

 本日暇暮らし。よって、いつもの如くハーモニカをプカプカ。今日はマディ・ウォーターズの『I'm your hoochie coochie man』をおさらい。

 

 この曲、1st、2nd、3rdのそれぞれのポジションでのマスターを個人的な課題としており、今日は3rdポジションでの練習。西村ヒロ氏の教則本に3rdでの譜が載っているので、こちらを参考に。なお、この譜面だと教則本用にC調のハーモニカを使用(つまりキーはD)になっているが、オリジナルキーで演るとなるとハーモニカはG調。2穴3穴の1音ドローベンドを多用するので、Lowキーのハーモニカではなかなかキツい。今日は譜面通りC調ハーモニカで練習。

 

 ちなみに原曲のハーモニカ奏者リトル・ウォルターは1stポジション(キーAの曲をA調のハーモニカ)で演奏している。このポジションだと、どこかアクが抜けてフォークっぽいというか、唱歌っぽいというか、とにかくブルーズっぽくない演奏になりがちなんだけど、きっちり黒い音(!)が出てるんだから、これまた凄い。

 

 ま、それはともかく、これまたいつもの如くお膝には愛猫。毎度のことなので気にせず練習。猫も穏やかに熟睡。程良いところで成果確認のために録画。その時、事件は起こった!?

 

www.youtube.com

 

 突然、よじ登ってくると肩口に爪をガシッと立ててくる。リズムを取るために軽くストンプ(足踏み)してたのが気に入らなかったのか、それとも、曲中の歌詞「俺は黒猫の骨を持ってるぜ!」ってのが癇に障ったのか?

 

www.youtube.com

 

  ちなみに原曲はこちら。黒人の間だけの音楽だったブルーズが、人種を越えて一気に爆発的広がりを見せるキッカケとなった1960年のニューポートジャズフェスティバルでのパフォーマンス。この映像こそ歴史的大転換点の瞬間だったりするんです。

 

 ブルーズって面白ぇなぁ。……にしても肩痛い。野郎めザックリ深く爪立てやがって。血ぃ出てるじゃねぇか(泣

 

追記:タイトルにある『hoochie coochie man』ってのは、日本語にすると『精力絶倫野郎』とか、『肉欲棒太郎』とか、まぁ、そーいう意味。んで、『黒猫の骨』は、そのミラクルなパワーを引き出すブードゥー魔術のキーアイテム。一応書いておきますが、どこをどう間違っても私は愛猫を精力剤代わりに使うことは絶対にありません、念のためw