ねっけつ! じっけつ!! はもにか道

blow it untill the BLUES away!

『カントリー・チューニング』の問題

 暇暮らしの手遊び。今は使っていないメジャー・ボーイのGキーを引っ張り出して、5番吸音のリードをカリカリ削り……

 

f:id:cotaro-cacima:20170721143657j:plain

 

 C→C♯にチューニングして、出来上がったのは『カントリー・チューニング』なる特殊(?)なハーモニカ。

 

 ブルース・ハープがその本領を発揮するのは、2番吸音をルート音として演奏するセカンド・ポジション。つまり、GキーのハーモニカでDの曲を演奏するってこと。しかし、これではこの楽器の構造上、ダイアトニック音階(移調ド唱法によるドレミファソラシド)の全ての音が出ない。これではメロディを演奏するのに都合が悪いことも。そこで楽器を改造して音を出しちゃうのです。

 

 ちなみに、この手法はカントリー&ウェスタンの奏者が多用したので『カントリー・チューニング』なのだとか。

 

f:id:cotaro-cacima:20170721143710j:plain

 

 なんでこんな面倒くさいことをするのかって? 朝ドラ『ひよっこ』主題歌の『若い広場』を原曲キーで吹きたかったから。……言わせんなよ、恥ずかしいw

 

 曲はDだから、そのままDキーのハーモニカでも吹ける(これをファースト・ポジションといいます)んだけど、ちょっと音が高くなりすぎてキンキンするのと、吹音多用となるのでフェイクやビブラートを入れにくいので。

 

 このYouTubeカラオケで練習しています。演奏は気が向けば近日公開。

 


【ガイドメロなし カラオケ】若い広場(TVバージョン)/桑田 佳祐