ねっけつ! じっけつ!! はもにか道

blow it untill the BLUES away!

BOSS VE-20

f:id:cotaro-cacima:20171109070820j:plain

 ハーモニカ用の新しいオモチャ。本来はボーカル用のエフェクターなんだけど、YouTubeで検索すると管楽器で使っている人も結構いるみたい。


Boss VE-20 Muliti Effects Unit with Saxophone

「サックスでイケるんなら、一応は同じリード楽器のハーモニカでも使えるのでは?」とダメモトで購入。これが大当たり。

 

 以前に購入したギター用マルチエフェクターはマイクとの相性の問題か、音痩せが酷い上にハウリングに悩まされて結局お蔵入りしてしまったけど、こちらはそんな問題皆無。また、ギター用のエフェクターと違って、設定の自由度が(良い意味で)それほど高くなく、パラメーターも必要十分で眩暈を覚えるほど多くはないのもありがたい。

 

 ギター用マルチエフェクターは音を作る以前に『エフェクトを掛ける順番』を決めきれずに悩んで放り出したりしてたからなぁ。

 

 VE-20はハウリングに神経質にならずとも、ディストーションやラジオ(風の音になる)などのエフェクトを使えばシカゴ風のアンプリファイアドサウンドになるし、ディレイやリバーブの空間系エフェクトは流石世界のブランドBOSS。

 

 特筆すべきは『ダブル/ハーモニー』なるエフェクト。最大3声。同音を重ねて厚みを出したり、曲のキーに合わせて自動でハモってくれたりも。10ホールズハーモニカでもスプリット奏法でオクターブを重ねたり、複音ハーモニカほどじゃないけど分散和音奏法の真似事も可能だけど、この機能を使えば、それをはるかに超えた表現が可能。

 

 最大38秒のフレーズ・ループ機能も。12小節ブルーズ程度ならばベース、コード、メロディーと重ねて一人ハーモニカ楽団ごっこができる。サウンドチェック用のモードも搭載。ハーモニカって、自分で吹いてると生音が大きすぎて音色の確認がしづらい(っていうかほぼ無理)なので、これはスッゲェ便利。

 

 近日中にレパートリーの何曲かをこいつを使って録音してみるつもり。動画もアップしますので乞うご期待。