ねっけつ! じっけつ!! はもにか道

blow it untill the BLUES away!

NICE and SLOW!

 タイトルは、YouTubeにアップされている楽器のインストラクション・ビデオ(ハーモニカに限らず)を見たことのある人なら、必ず一度は耳にしたことのあるはずのお約束のフレーズ。「丁寧に、ゆっくりと」って感じかな?

 

 これって非常に大事……なんてことは、私が今更書き連ねる必要もないので、私もこの2点に注意しつつ、リトル・ウォルターの名曲『JUKE』を気持ちゆっくり目(90%)で練習。

 

www.youtube.com

 

 うーん、テンポを合わせるのに必死で、アクセルとブレーキを両方踏んだような感じ。我が演奏ながら気持ち悪い。原曲にある独特なドライブ感が微塵も感じられん。普段メトロノームやプレイアロングに合わせて吹く練習をしていないから、いざって時にこんなザマになる。フリーテンポで思い入れたっぷりに吹くのは、まずキチンとしたリズムキープが出来るようになってから。そうじゃなきゃ傍迷惑なオ○ニー演奏でしかない。

 

 そしてもうひとつ。かなり一所懸命に練習したはずの、どアタマの16分音符4連が、1拍3連にしか聴こえない。

 

f:id:cotaro-cacima:20180114175351j:plain

 

 3穴半音ベンドから3穴ストレート吸音にスパッと戻して4穴吸音へ。ここのケジメがしっかり付いてないから音のキレが曖昧になる。楽譜を見返せば、わざわざ「リズムをつかもう」って注意書き。いやはや情けねぇ、面目ねぇ(汗

 

 本来ならお蔵入りのはずの動画だけど、唯一、ボーカル・エフェクターVE-20で作ったシカゴ・アンプリファイアド風のサウンドが思いのほか良い感じなので、せっかくだから恥を忍んで(?)公開。